初期費用を抑える!LED照明のレンタルサービスのメリット

イニシャルコストがかからない

LED照明は一般的な蛍光灯や白熱球よりも高額となりますので、オフィスビルやカフェなどの照明器具が多く必要な施設へ導入すると場合は、予算が高くなるケースが多いです。しかし、LED照明のレンタルサービスを利用すると、LED照明を購入するよりも安い金額で導入することができますので、初期投資費用が大幅に削減することができます。また、レンタルサービスの内容によっては更新契約もすることができますので、長期的にみてもコストメリットが得られますね。

ランニングコストが安くなる

LED照明は蛍光灯と同じ明るさを確保しながらも、消費電力が少なくなるメリットがありますので、月々の光熱費を大幅に削減することが可能です。LED照明のレンタルサービスを利用すると、ランニングコストが抑制され、LED照明を購入するよりも早く初期費用を回収することができますので、経営上のメリットも大きいと言えるでしょう。また、レンタル品という扱いのため、資産として計上する必要もありませんので、固定資産税の削減にもつながりますよね。

レンタル期間終了後はそのまま利用可能

LED照明のレンタルサービスを活用すると、契約期間内はレンタル費用を支払う必要がありますが、契約期間を過ぎるとそれ以降はそのまま返却せずに利用することも可能になるケースが多いです。例えば、レンタル期間が5年の場合は、6年目からはレンタル費用が必要なくなりますので、さらにランニングコストが削減されることになります。多くのLED照明のレンタルサービスでは、同様のサービスを展開していますので、長寿命のLED照明ならではのお得な契約と言えるでしょう。

LEDライトパネルは薄型で軽量なので場所を選ぶことなく設置が可能で屋外の看板や展示会など色々な場面で使えます。