一人で悩まず相談を!美容整形外科でできること

社会的な理解を深めよう!

生物学的に人は男性か女性の2種類に分類されますよね。しかし「自分の性別をどちらに認識するか?」という自己認識において肉体的な性別に違和感を持っているケースがあり、近年、医学・医療の対象とされるようになりましたね。自分の身体的な性別を認められないという性同一性障害の人は、同性愛者とは違いますよね。混同されがちですが、自分本来の性別の体になりたいと望んでいる人なんですよね。社会的に理解度が高まることで、彼らの苦痛を少しでも和らげることができるでしょう。

その人の一生を決める大切なこと

美容整形外科の専門医は、性同一性障害の人に対しては、「一生を決める大切なことなのでカウンセリングが何より重要」だと言いますよ。その結果、自認する性に合わせたいと希望する場合は、2週間から3週間に1回ホルモン注射を行いますが、身体的な変化、副作用の説明などを十分に行いながら進めるそうですよ。女性から男性になる場合、2カ月から3カ月で生理が止まると言いますね。男性が女性になる場合はホルモン注射を止めると再度男性化しますが、女性が男性になる場合は、ある時期を過ぎると元には戻れないんですよ。

十分なサポート体制が必要

生理が止まり、約ひと月後には卵子が出来なくなると、性別を元に戻すことは不可能になるので、美容整形外科の専門医は、生理が止まった時点で最終的な意思の確認をするということですよ。また、精神科の医師と連携し、心のサポートも行いなが慎重に治療を進めていくとも言いますね。性に関する問題はデリケートな内容を含むため、個人や家族だけで悩みを抱えてしまいがちですよね。美容整形外科の専門医に相談すれば、解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。

クリトリス包茎に関する施術は、美容クリニックや美容皮膚科などが提供しています。受け前には医師に相談できます。